Img_93a61a339d8bf438ac06f1a1bd0df3bc
Img_348408c9df5e29e112ee15221b4cb455
Img_758d5043b3c135d243c6aa78e6c7a797
同色で統一すると、合わせやすいですよ!
 まず、昨日”7:59”頃、”大阪北部”を震源とした地震が発生しました。
 僕も息子の登校時間に合わせ、そろそろ起きようかな?と思っていた時の、急な揺れ。どうしても、関西人であれば、あの”大震災”の記憶が蘇り、急に不安になってしまいました。
 幸い、小野家は僕の服が落ちだだけで、大した被害も無く、お店も想像していたよりも大事に至らず(鏡が倒れていたり、Cafeの道具が少し落ちたりで済みました)、昨日も通常通り営業もしました。
 時間が経つごとに、被害の状況が分かり、北摂では家の破損、道路の隆起等、かなりの被害が出ております。水道、ガズ等の停止によって、通常の生活が難しい状況になっている地域の方もいらっしゃいます。
 自然災害を未然に防ぐ事は、ほぼ不可能でしょう。備えていても、全てに対応するのは難しいと思います。そんな時こそ協力し、いち早く、普段通りの生活に戻れる様、切に願いながら、僕も大阪人、協力出来る事は進んでやっていきたいと思います。
 また、日頃よりお世話になっております、メーカー様からの安全確認のメールを頂き、ホントありがとうございました。この場を借りて、御礼申し上げます。
 さて、そんな今日ですので、ここ久太郎町も、いつも以上に人が少なめですが、いつもの様に、僕の目に適った”素晴らしい”モノを、ご紹介したいと思います。僕には”コレ”しか出来ないですからね!
 今日のアイテムは、”5/16”の『Diary』でもご紹介しております、”大人の柄シャツ”を改めてご紹介したいとも思います!というのも、メーカー様が持つ、”最後の1枚”まで頂き、それで終了なんです!!
 それ程に個人的にも”お気に入り”ですので、オススメしたく、ご紹介します!!

 ・EMPIRE&SONS ”CAMP SHIRT(PHOTO MAGAZINE ”LIFE” TEXTILE)” ¥12800(税抜き)
  size:Mのみ(S、Lは完売)     col:SAFARI

 これからの時期に合わせ、POPな”柄モノ”、いいんじゃないでしょうか?
 ”IVY&NAVY”としては、この手は、特に僕が”気に入らないと”、PICK UPしない、非常に狭きカテゴリー。ここ数シーズンは、HAWAIIの”REYN SPOONER”の気に入った柄をセレクトしておりますが、そこはやはり”HAWAIIAN SHIRT”。好き嫌いの”好み”が非常にハッキリしてしまうのは感じております。(でも、やはり好きなんで、今シーズンもうちらしいモデル、PICK UPしていますよ!!)
 そんなこんなで、今シーズンはそれとは違うテイストの”柄シャツ”を探しておりました。そんな時に出会ったのが、この”EMPIRE&SONS”の”CAMP SHIRT”。
 ”OPEN COLLAR、気持ち”ゆったり目”なシルエット、”大人”が着れる、落ち着いたカラーリング”と、探していた要素に、『ドンピシャ』だった”1枚”。
 皆さんご存知の、アメリカの”PHOTO MAGAZINE”『LIFE』の世界観を表現した、”SAFARI”テイストなプリント柄に心奪われてしまいました。
 ”総柄”ですので、一見難しそうなイメージですが、”ALOHA”や”HAWAIIAN”と違い、色のトーンがアースカラーで”落ち着いている”ので、ベーシックな”SOLID PANTS(DENIM、CHINO、MILITARY&ARMY、WHITE、GREY&BLACK etc...。)”とはすんなりと、違和感無く、”STYLING”して頂けると思いますよ!
 
(ONLINE  (Click!) 

           IVY&NAVY               小野雅之
Img_1da9d9bffc2a34516c11c2627a10edd8
Img_f5ac92022d970573f8f695f4a921a454
この”VINTAGE、ANTIQUE”な雰囲気、たまらんですね〜。
Img_58e6a3d2ca9be6755f1a15c346195a51
”SILVER”着けてみました!
 その②も、1950年代にリリースされた、”OLD MODEL”をQUARTZ式にアレンジした、”名作”です!

 ・LIP    ”HIMALAYA”
  col:SILVER...¥28000(税抜き)、GOLD...¥30000(税抜き)
 
 この”HIMALAYA”というモデルは、”LIP”創業者の孫である、”FRED LIP”氏が、1954年、友人でフランスの著名登山家”LIONEL TERRAY”氏との会話から誕生した”WATCH”。
 後に人類で初めて8,000m級の登頂に成功したフランスの登山家で政治家にもなる”MAURICE HERZOG(モーリス・エルゾーグ)”氏は、この時計を登山でも着用した事で、その当時のフランスの登山家の約9割が、この”HIMALAYA”を着け、登攀したと言われています。
 当時は機械式だったモデルを、”QUALTZ”式に変え、ヴィジュアルも、インデックスとスモールセコンドのみという、シンプルで視認性の高いデザインへ”UP DATE”しました。
 大きさは35mm、防水性は先程の”CHURCHILL”同様、30mなので、普段生活する分においては、全く問題無いかと。”VINTAGE、ANTIQUE”に見間違える程の、”雰囲気”ですので、時計好きな方にも、十分満足して頂ける”WATCH”かと思います!
 ”ROREX”、”OMEGA”、”HAMILTON”等、『超』が付くほどのメジャーでは無いですが、”時計好き”なら必ず知っている、老舗”WATCH MAKER”の『LIP』。
 今後、手に入り難くなるかも?と言われていますので、気に入った方に、大切に使って欲しいですね〜!
            IVY&NAVY             小野雅之
Img_f87be18ff4ec2eefd655702892b7a9d6
Img_be3a4566412da1285a6e11b47116a02c
”スモセコ”なのも、好きですね〜。
Img_dfd1a0f8f5f6b7830ad033365546f99d
着けてみました!
 天気が良いのも今日までか?
 予報では、明日から”梅雨”らしい、雨の多い日が続くみたいです。今年の”梅雨”も、昨年同様”から梅雨”かも?なんて、少し期待してしまいましたが、その通りにはいきませんね〜。
 ”FOLDING UMBRELLA(折りたたみ傘)”や、”RAIN BOOTS”等、リアルに活躍する時です。”EURO SCHIRM”のソレや、”MEDUSE”も欠けていた分も、しっかり補充しておりますので、是非選べる時に、お気に入り”GET”して下さいね。
 さて、今日は、先日の”東京出張”にて、偶然的に見つけ、確保した”WATCH”、ご紹介したいと思います!”IVY&NAVY”としても、約3年振りの”入荷”となります!

 ・LIP    ”T18 CHURCHILL”     
  col:GOLD...¥36000(税抜き)
 
 1974年に発表され、今でも”LIP”といえば、このシリーズ=”MACH 2000”が人気ですね!
 そんな”LIP”ですが、ブランドの歴史を遡っていけば、1807年創業!!と大変歴史のある”FRANCE”のWATCH BRANDなんです。
 創業者は”エマニエル・リップマン”氏。彼が"STOP WATCH”を制作した事により”LIP”の歴史はスタートします。1810年には、あの”ナポレオン1世”がベサンソンに訪れた時、彼にLIPの時計を贈呈したという記録が残っている程です。
 1896年には、孫の”アーネスト・リップマン”が時計工房を作り、”LIP”としてブランドを展開。
 ”WWⅠ”時にはフランス軍に時計を供給し、”WWⅡ”時にはフランス空軍機、コックピットの計器類を制作と、軍からの生産依頼もあった様で、”LIP社”の高い技術力や製品に対する信頼が高かった事が伺えます。
 今回2型、運良く”確保”出来たんですが、まずは”この”モデルからのご紹介、『T18 CHURCHILL』です。
 この”WATCH”は1948年に、フランス政府より、ナチス・ドイツの占領下に置かれていた、”パリ解放”に尽力した、その当時の首相『Sir WINSTON CHURCHILL』に、感謝の証として、この”WATCH”を贈呈。その後、氏の名がそのまま”モデル名”となり、リリースから約70年経ちますが、未だ”LIP”社の代表的モデルとして、君臨しています。
 デザイン的には、1910~30年代に、パリを中心に栄えた装飾様式”アールデコ”の雰囲気を纏ったモノ。平面的なリューズや”2 TONE”に彩られた文字盤、長方形の直線的なデザイン等が特徴となります。
 大きさは”縦×横=38.5×21.2(cm)”と小振りながら、エレガントな雰囲気もあってか、”LADIES”にはもちろん、”MEN'S”にも、非常に人気が高いです。
 今後、訳あって(その理由は店頭でお話しします)、手に入り難くなる”可能せ”が高くなるみたいですよ。「ある時に、いっとかないと!、是非お待ちしております!!
            IVY&NAVY              小野雅之
 
 
 
Img_3f800f0734d68140ef3a27715e3ee00c
Img_e07b3957cba72d8e3dce9ba92d57867b
様々な”STYLING”に...。
Img_aa3f5002f03275c6e57c37454f170360
”+”してみましょう!
 昨日は急遽、東京出張に。
 ”DEAD STOCK(USED)”の現物展がほとんどだったのですが、その展示会は、とにかく行かないと、「良いモノにありつけない」ので、急遽行くことにしました。
 その成果はと言うと...、顔がニンマリしてしまう程、良かった。
 詳細は、追って、”Diary”でご紹介していこうと思っていますが、1つ2つしかない”モノ”もあったりしますので、興味ある方は、是非お店に来て頂いて、お問い合わせして下さいね!
 さて、今日は今シーズン、”IVY&NAVY”がオススメしている、”巻物”のご紹介です。実用的で、且つ”ファッショナブル”ですので、皆さんも”TRY”して欲しいと思います!

 ・CHAORAS     ”SPORTS TENUGUI”    ¥2000(税抜き)
  size:110×31(cm)  
  col:BATIK(NAVY)、SWEDISH CAMO(OLIVE)、PAISLEY(RED)、市松(チェッカー、WHITE/NAVY)

 今シーズンからお取り扱いスタートの”MADE IN JAPAN”の『CHAORAS』。
 祖父が”木綿業の創業者”という環境で育った”宮本基広”氏と、クリエイターで、日本のモノづくりの新しい可能性を探求し続ける”森野哲郎”氏が、日本の風土にマッチし、理に適った機能性を持つ“てぬぐい”にフォーカスし、現代的なニーズに添いながら、実用性も兼ね備えた”モノ”に進化させる事に取り組み、”SPORTS TENUGUI”を発表。ブランド『CHAORAS』をスタートさせました。
 古くから日本人の生活に馴染んで来た、便利な小物である”手ぬぐい”ですが、現在ではさほどポピュラーではないし、実際に使っている方は少ない”モノ”になってしまったと言うのが現状ですよね。
 ”古き良き”伝統的なモノながらも、時代にニーズにマッチしていない為か、あまり使われていない、その”繋がっていない”事に着目し、”RUN”や”キャンプ”といった、現在のライフスタイルに密接している、”ACTIVE SPORTS”の目線で、その”手ぬぐい”を”UP DATE”させた”モノ”が、今回ご紹介する”SPORTS TENUGUI”となります。
 従来の”手ぬぐい”の良さ...”切りっぱなんで、速乾性に優れている”、”天然素材だから、肌に優しく、使う程に柔らかな肌触りに”、”かるいし、かさばらない高い携帯性”はそのままに、より”機能的に!”という事で、
 ①生地端の処理は”切りっぱ→ロックミシン”に、②サイズも従来の”手ぬぐい”は90cmが基本ですが、首に巻いたり、頭に巻いたりがし易い様”110cm”の長さに、③綿100%だった”素材”も、より吸収、速乾に優れ、ストレッチ性も高い”バンブーレーヨン”や”麻”を使用と、全てに”UP DATE”しております。
 そんな”SPORTS TENUGUI”を”IVY&NAVY”としては、機能性はもちろん、ファッショナブルに使用して欲しいと、この時期の”巻物”として提案しております!
 柄も、それに準じたPICK UP、<BATIK、SWEDISH CAMO、PAISLEY、市松(チェッカー)>にしました!
 「普通に”スカーフ”を巻く様に...。」、この”SPORTS TENUGUI”を巻いて欲しいと思います!
 これから暑くなる時期に...、なんて思った方、是非この時期だからこそ、巻いてみて下さい!流れる汗をしっかり吸収し、快適に過ごせますよ〜!
           IVY&NAVY               小野雅之
 
Img_97efd0749c5c0a588fa766d1d4167a25
Img_f282d2f5e2c19a98f34ca05a3f8a7abd
Img_310b8dcf1a07c28252459769a4f8544e
”1枚”でも、インナーでも、主役級ですね!
 久々に見てて、昨日は”声”が出ました!(笑)、テストマッチ、”日本 vs パラグアイ”。
 これは”サッカーやってたあるある”でしょうが、その試合の中で、悪質なファールを受けたり、シュートがポストに弾かれ、あとちょっとでゴール!といったシーンで、あたかも自分が試合の中でプレーしている感になって、テレビの前で、リアクションしたり、声を張ったりしてしまうんですが、昨日は多々、そういった場面があり、見ている側からしても、初戦に向け、少し期待を持てる”GAME”でしたね。
 明日から、開幕戦もスタートし、約1ヶ月”W杯”浸けになるでしょう。日本も初戦、コロンビア戦まで1週間です。良い準備をして、良いゲーム期待したいですね!
 さて、今日は”The second skin”では、チラ見せしてました、”今期1推し”な『COTTON SWEATER』、ご紹介したいと思います!

 ・HAVERSACK   ”12G ガーター編み S/S SWEATER”    ¥17000(税抜き)
  size:M、L     col:NAVY

 年齢を重ねる毎に、春夏用”SWEATER=COTTON(やLINEN) SWEATER”の着心地、涼しさがようやく分かってきます。
 しかし、”WOOL”ではなく、”COTTON(LINEN)”素材の”SWEATER”は、イメージ的に、『ケアの難しさ』や『着る毎に”伸び”が出たり』して、”ハードル(難易度)”が高い、そんなイメージを持ってらっしゃる方も多いと思います。
 もちろん、僕も”BUYER”として約15年、今まで様々な”春夏SWEATER”見てきましたが、1シーズンに『これは素晴らしい!』と思える”モノ”に出会えるのは、ホント稀!
 「デザインは良いけど、これは”伸びる”な...。」とか、「もうちょっと、ここがこうで...。」みたいな事が非常に多く、自分のアンテナが3本立つ事は中々の事。
 そんな中、今シーズンは『おっ、これは僕好みで”素晴らしい”!!』、”COTTON SWEATER”に出会えました。
 銘柄は”HAVERSACK”、このブランドは、コレクションに必ず”COTTON”や”LINEN”の”SWEATER”があり、得意としている”アイテム”。モチーフとするデザインベースが”ヨーロッパ”寄りである事で、アメリカ的雰囲気とは違う、”エレガント”さが特徴な、面白い”モノ”に出会える確率が高いブランド。
 今回出会った”SWEATER”は、”硬めなシャリ感”が特徴の”COTTON SWEATER”。肌触りは、まるで”LINEN”の様です。その為、風通りが非常に良く、蒸し暑い”日本の夏”でも、大丈夫!です。
 デザイン的には、首元に特徴のある”ボトル・ネック”SWEATER。
 前後をサイドで”リンギング”する独特な製法により、首から肩にかけての”丸み”をキレイに見せ、身幅はストンと真っ直ぐに、腰の幅広の”RIB”で、程良く”しめる”=メリハリのあるフォルムをバランス良く生み出し、1枚で”主役”を張れる”SWEATER”ですよ。
 紹介前に、1度完売し、メーカー様の協力で、在庫補充しましたが、既に残り後僅かです!
 購入して頂いた方の評価は、上々!今シーズン、”1推し”です!是非お試し下さい。

(ONLINE  (Click!) 

            IVY&NAVY              小野雅之